健康でスリムになる手作りフルーツジュース

スポンサーリンク
ダイエット

【健康でスリムになる手作りフルーツジュース 】

f:id:castielblog:20191122094535p:plain

ほとんどの皆さんが痩せたい!
でも面倒くさいのは、ちょっと無理とおっしゃる欲張りさんの方におすすめなのが
、手作りフルーツジュースです。
きっと、ひとくち飲んでみると、その飲みやすさに、何方も驚く ことでしょう!
一見みると難しい作り方も、実は簡単、皆さんも毎日の美味しい習慣で腸内の不調も一掃して健康でスリムな身体になりませんか。


 

<フルーツ内の酵素を補給して>

今、人気のフルーツジュースは、栄養価の高い旬の果物を砂糖で発酵させます。
そして、出来上がったシロップを水で薄めを水で薄めて飲むのが基本となります。
作り方は、後述でご紹介いたします。

このフルーツジュースのメリットと言えば、

一つに、酵素が補給できます。

二つに、発酵二つに、発酵エキスを摂ることができることにあります。

ところで、酵素の補給で消化パワーがアップ酵素の補給で消化パワーがアップできるんです。

酵素というのは、いろいろな化学反応を促進させる物質物質で、消化酵素代謝酵素に分けられます。

例えば、皆さんがご存じのタンパク質を分解するプロテアーゼなど、消化酵素はおなじみなど、です。
また、代謝酵素は細胞内でブドウ糖を分解しエネルギーを作ります。

また、栄養の偏りや疲労で、必要な酵素が足りなくなると、別の酵素が代わりをして
くれたりします。

このように、酵素を補給してに、酵素を補給してパワーアップしたり、足りない分をカバーすることが今回、ご紹介する酵素ジュースのメリットになります。

f:id:castielblog:20191122095537p:plain

<腸内環境を改善>腸内環境を改善>

フルーツを発酵させてできる成分を摂れるのが、最大の特徴になります。
皆さんのお馴染みのヨーグルトも発酵食品ですが、今回ご紹介のフルーツジュースは、
さまざまな果実を使用していますので、発酵から得る成分は多彩になります。

フルーツジュースを飲むことで、普段の食事からは摂取できない栄養素は、もちろん
発酵エキスの成分を体内に摂れることです。

この発酵エキスが腸内の善玉菌のエサとなり、腸内環境を改善する働きもするわけです。

f:id:castielblog:20191122095937p:plain

<フルーツジュースの作り方とは>

 

「材料」

果物を2キロ
白砂糖をを2.2キロ(果実の1.11倍)
果実は栄養価の高い旬の素材を使用します
例えば、秋ならばリンゴ、かき、カリンなどなるべく有機栽培の物を選び、皮や種 も
使用して漬け込みます。

「作り方作り方」

① 果実を果実を洗って切る洗って切る
果実は良く洗い、軽く水気を取ったら軽く水気を取ったら皮やヘタごと薄く切ります。

② 果実と砂糖を容器に入れる果実と砂糖を容器に入れる
果実11キロキロに砂糖に砂糖750750グラム、そして果実1キロに砂糖750グラムの順に、容器に入れます。

③ 果実と砂糖を混ぜる果実と砂糖を混ぜる下から上にすくい上げるような感じで全体を混ぜたら、果物の表面にまぶすように砂糖をこすりつけます。

④ 日の当たらないところに置く日の当たらないところに置く残った砂糖を材料の上からかぶせて容器にガーゼでフタをしたら、日の当たらない室温の場所に置く。

⑤ 翌日から朝晩混ぜる翌日から朝晩混ぜる
5~10日間、朝と晩下から上にすくい上げるような感じで混ぜます。
空気を空気を入れるイメージです。

⑥ 粗ごしする
発酵がピークを迎えたら、別の容器にザルを乗せてシロップをこします。
そのまま、ガーゼで覆い一晩ゆっくり待ちましょう。

しほりは、捨てずにタッパーで保存。

⑦ 本ごしする本ごしする
翌日、ガーゼでシロップをこし、もう一方の容器に戻します。
2回こして、もう一方の容器に戻します。
2回こして、最後にガーゼについたシロップをしぼります。
その後、表面のアクを取りながら1週間寝かせます。

ポイント1
目に見える発酵の目安は、細かい泡です。
他に果物がしおれたり、浮いてきたり、混ぜていて温かく感じたり、においが青臭くなくなってきたならば発酵のピークです。

ポイント2
シロップのしぼりかすも、材料の特徴に応じて活用出来ます。
48℃以下℃以下(酵素が死なない温度でも乾燥させやすいものは)でも乾燥させやすいものはドライフルーツに。レモンの皮ならハチミツ漬けに。
トマトなどは料理の具材に良いです。

<フルーツジュースの飲み方>

1日分はシロップ日分はシロップ30ml30mlを毎朝、を毎朝、470ml470mlのの

水で薄めて飲むのが基本になります。で薄めて飲むのが基本になります。
また、シロップ30ml30mlをを1.5l1.5lの水に混ぜるの水に混ぜると、水代わりに適度な水分の補給になります。

<砂糖の量は多くない?>

今回のフルーツジュース作りに、白砂糖を多量に使用しているので、血糖値が上がるのではと心配する声があるかもしれませんね。
しかし、ご心配はいりません。砂糖が分解されて出来るブドウ糖というのは、発酵の過程でエネルギーとして消費していて、既に別の物質に変わっています。

従って、ブドウ糖としてこのフルーツジュースの中によって残っている糖質はわずかのみです。
それよりも発酵を円滑にすすめるためには、発酵にかかわる菌が取り込みやすいブドウ糖をたっぷりと与える方が良いようです。

このフルーツジュースに白砂糖を使用するのはそのためのものです。

f:id:castielblog:20191122132033p:plain

まとめ

 

いかがでしょうか?
痩せたいけれど、面倒くさいダイエットは嫌と敬遠しがちな方も、作り方は非常に簡単です。
このフルーツジュースは、美味しさもさることながら、善玉菌の宝庫と言われるくらい腸内環境善玉菌の宝庫と言われるくらい腸内環境には良いフルーツジュースです。
フルーツジュースを自作して飲んで、腸内環境を良好にしてダイエット効果を実感してみて下さい。良好にしてダイエット効果を実感してみて下さい。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました