あなたがペットにする動物は? VOL.7 ゴールデン・レトリーバー

スポンサーリンク
ダイエット
スポンサーリンク

ゴールデン・レトリーバー魅力

大型犬の中で も 人気のあるゴールデン・レトリーバーは世界中 で 愛されている 犬種 です。

大型犬 で す が、 温厚 な 性格 で、 初心者でも 比較的 飼育しやすい 犬種 です。

今回は そんなゴールデン・レトリーバーの魅力について、 詳 し く 解説していきます。

ゴールデン・レトリーバーの歴史

ゴールデン・レトリーバーのゴールデンは黄金色の毛色を意味しています。

レトリーバーは『レトリーバーは『回収する』という意味があり、水辺で撃ち落とされた鳥や獲物をレトリーブしていたことが名前の由来となっています。

ゴールデン・レトリーバについての詳しい歴史ーについての記録は残っていませんせんが、生まれはイギリスとされています。f:id:castielblog:20191114210532p:plain

一時期はが、『イエロー・レトリーバー』と呼ばれていましたが、1920年ゴールデン・レトリーバーと統一されました。

現在、、ゴールデン・レトリーバーは、大型犬の中では人気NO1犬種となっています。

ゴールデン・レトリーバゴールデン・レトリーバーの特徴ーの特徴

f:id:castielblog:20191114211103p:plain

ゴールデン・レトリレトリーバーの特徴は黄金色のうつくしい毛並みと優しさあふれるる表情です。

被毛は柔らかく、バランスの取れた体をしています。

昔は鳥猟犬として活躍しており、泳ぎが非常に得意なので、海や川遊びが大好きな子が多いです。人懐っこく、温厚な性格から現在も家庭犬として人気のある大型犬種です。

ゴールデン・レトリーバーの大きさと寿命

f:id:castielblog:20191114211428p:plain

平均体高はオス56cm〜61cm、メス51cm〜56cmです。

平均体重はオス30〜334kg、メスは、25〜32kgです。

メスのほうが小柄な傾向があります。
ゴールデン・レトリーバーの平均寿命は10~13年です。

大型犬の中では平均的と言えます。

平均寿命はあくまで目安なので、飼い主がきちんと日ごろから健康管理をしてあげるこことで、寿命は延ばすことができます。

ゴールデン・レゴールデン・レトリーバーのカラー

f:id:castielblog:20191114211909p:plain

ゴールデン・レトリーバーにはアメリカンタイプとイギリスタイプ2種類がいます。

アメリカンタイプのゴールデン・レトリーバーの毛色はその名の通りゴールドか主流ですが、レッドやマホレッドやマホガニー、クリームなどがいます。

イギリスタイプのゴールデン・レトリーバーアメリカンタイプに比べて色が薄く、鼻が短いことが特徴です。

日本で多く飼われているのはアメリカンタイプのゴールデン・レトリーバーです。

ゴールデン・レトリーバーの性格

f:id:castielblog:20191114212459p:plain

・賢い

ゴールデン・レトリーバーは非常に賢く、大型犬初心者でも飼いやすい犬種犬です。

もの覚えもよいので、しつけはそれほど大変ではありません。

しかし、きちんと関係を築いていないとわがままな性格になってしまうので、メリハリをつけて可愛がてあげましょう。

・温厚

ゴールデン・レトリーバーは人が大好きでとても温厚な性格が人気の理由の一つです。子供からお年寄りにも優しく接することができ、多頭飼いにも向いています。

寂しがり屋な一面もあるので、的積極的にスキンシップをとってあげることが大切です。

・訓練性が高い

ゴールデン・レトリーバーは体を動かすことも頭を使ったトレーニングも大好きです。仕事犬としても世界中で活躍しています。

家庭犬とし

f:id:castielblog:20191115085142p:plain

て迎えても、日々の十分な運動やレーニングはしっかり行ってってあげましょう。

絆がより一層深くなりまます。

ゴールデン・レトリーバーを飼育するときの注意点

・食事
食事は1日2回。

栄養価の高いものを与えましょう。

餌やおやつの与えすぎは肥満に繋がってしまい、病気や怪我の原因にもなりますので、注意しましょう。

餌は色々なものが販売されていますが、高たんぱく低カロリーなものを選んであげてくくだださい。

・十分な運動

ゴールデン・レトリーバーは大型犬なので毎日十分な運動が必要です。

お散歩は1日2回、1時間ずつは必要です。

お散歩の他に自由運動の時間もつくってあげるとよいでしょう。

質の高いお散歩を心がけてくださ。

・健康診断

病気の治療は早期発見が一番一です。

犬は自分で不調不を伝えることができません。

大事な愛犬が長く健康でいられるように、飼い主がきちんと管理してあてあげましょう。

定期的な健康診断は年に2回がおすすめです。

5歳を過ぎたら血液検査だけでなく、エコーやレントゲンなど、、より詳しい検査を行うとよいでしょう。

・月1のシャンプー

ゴールデン・レトリーバーは非常に抜け毛の多い犬種です。

被毛と皮膚の健康を保つため、日々のブラッシングとシャンプーは重要です。

ブラッシングは最低でも2日に1回。

シャンプーは月に1度のペースで行いましょう。

家庭では難しいという場合はサロンにお願いしましょう。

まとめ

ゴールデン・レトリーバーは大型犬の中ではとても飼いやすく、世界中で人気のある犬種です。

体も大きく運動量も必要なのでストレスが溜まらないように十分時間をつくってあげまましょう。

犬の寿命は人間に比べてとても短いです。

飼い主がきちんと健康管理をして最期まで責任をもって可愛がってあげましょう。

きちんと訓練すればゴールデン・レトリーバーは最高の家族やパートナーになってくれます。

f:id:castielblog:20191115090516p:plain

コメント

タイトルとURLをコピーしました